アーリーリタイア後の健康診断

スポンサーリンク

アーリーリタイア後初の健康診断に行ってきました。

私の場合、切り替え時期が中途半端だったため、4月にギリギリ前勤務先の健康診断に滑り込めそうだったものの日程が合わず。

国民健康保険での特定健診となりました。

何だかんだとバタバタしていたのでやっと10月に・・・。

元勤務先の健康保険任意継続を1年で止める話はこちら

健康保険の任意継続を1年で辞める
退職後の健康保険ですが、元勤務先の健康保険に任意継続で加入しています。 先日、任意継続保険料の納付方法をどうするのかの問い合わせ封書が来ていました。それを見ていて「へっ???」ってところがあり、改めて調べてみたところ、大いなる勘違いを...
スポンサーリンク

特定健診内容

受診期間は年内だし、11月あたりからはインフルエンザの予防接種などで忙しくなるから早めに受けてとなってましたが、結局10月末になってしまいました。

無料メニューの特定健診は結構どこでも受けられます。普段から風邪とかで行っている個人病院も対象になっていたので、そこで受診予約。明日でも大丈夫とのことで翌日に。

無料の特定健診メニューは会社で受けていた健康診断に比べるとかなり少ない内容です。

  • 問診
  • 尿検査
  • 血液検査
  • 身体測定

これだけ。本当に最低限の内容。私の場合、血液検査は献血のたびにしてるし。

とはいえ、これだけすればある程度の健康判断はできるし、40代なんて普段なかなか病院に行く機会も無いので、定期的に健康状態を把握して意識づけるためには良い機会です。

内容は少ないけど無料なので行かない手はないです。

スポンサーリンク

風しんの抗体検査

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性ということで、風しんの抗体検査クーポンも送られてきていました。

こちらも特定健診と同時受診しました。

といっても特別なことをされたわけではなく、特定健診の検査用に抜き取られた血で判定するようです。

こちらは結果次第で予防接種になります。

スポンサーリンク

がん検診

会社の健康診断ではメニューに含まれていた各種がん健診ですが、国民健康保険の場合は有料となります。

ただし、集団検診を利用すれば実際に個人で受診するよりも格安で受けることができるので、気になる方は受けた方がいいと思います。

  • 大腸がん
  • 肺がん
  • 胃がん
  • 乳がん
  • 子宮頸がん

 

今は健診結果待ち。

コメント