スティック型コードレス掃除機『日立(PV-BFL1)』の欠点解消

スポンサーリンク

9月にスティック型のコードレス掃除機を買い替えました。

軽さを重視して、日立(ラクかるスティック PV-BFL1)シャープ(RACTIVE Air EC-AR3SX)の2機種が候補となり、最終的に日立の「ラクかるスティック PV-BFL1」を購入しました。

日立(PV-BFL1)とシャープ(RACTIVE Air EC-AR3SX)で迷ったら
消費税増税前だからというわけでは無いですが、スティック型のコードレス掃除機を買い替えることにしました。 今まで使っていたスティッククリーナーは、マキタ 充電式クリーナー CL102DWです。 どのように考えて選んだかをまとめます...

日立(ラクかるスティック PV-BFL1)の欠点と思われる「ブラシ型ノズル」、「充電池交換」、「日常メンテナンス」について実際のところを書きます。

購入機種選択の参考にしてください。

スポンサーリンク

使い始めての感想

実際に使い始めた結果、今まで使っていたマキタ 充電式クリーナー CL102DWと比べると格段に良いです。パワーブラシというのが大きいです。

サイクロン式になったため目に見えて取れているゴミがわかるのですが、あっという間に一杯になります。もう少しゴミタンク容量が欲しいところですが、軽さとコンパクトさ重視のため仕方ないかな。1回の掃除で3回くらい捨てることもあります。

日立(ラクかるスティック PV-BFL1)

最終的にシャープではなく日立を選択したのは正解でした。こまめに掃除をしていれば途中で充電が切れることは無いくらい持つので、使用後に充電すれば交換用電池は不要です。

日立の方は、立てて収納する台が付属するので、そこに充電ケーブルが来るようにしておけば、掃除機を定位置に戻して、そのままコードを指して充電できます。シャープのように電池を取り外して充電するよりも楽です。

収納台も裏に滑り止めが付いているので動くこと無く安定してます。フックを引っ掛けるだけで簡単に固定できます。

スポンサーリンク

PV-BFL1の欠点と対策

一方、欠点としてはブラシ型のノズルが付属しないというところです。ハンディにした時の先端は柔らかいゴム状のものであり、机の上の掃除くらいならそれでも問題ないですが、凹凸のあるような場所を掃除する場合、やはりブラシ型のノズルが欲しいところです。

ただ、これについては簡単に解決できます。

ダイソー_吸いブラシ

100円ショップのダイソーに、掃除機の先端に取り付けられるブラシが売られています。これを購入してきて取り付けるだけで十分です。

「ラクかるスティック PV-BFL1」に純正の別売オプションは無いですが、有ったところで1000円以上するでしょう。そんな高いものは不要で、100円ショップのブラシで十分使い物になります。

 

実質2万円ちょっとの価格で購入できたので、かなりコスパの良い買い物だったと思います。ダイソンのように高機能で高いものよりも、コンパクトでシンプルな掃除機の方が普段使いにはお勧めです。

スポンサーリンク

PV-BFL1のバッテリー交換

残っている未知の問題はバッテリーがどの程度持つかです。この機種のバッテリー交換は自分ではできず、修理対応になります。

見た感じではネジを数本外してピッと替えるだけのようなので、バッテリーさえ入手すれば自分で交換できそうですが・・・。

ただ、以前使っていたマキタのコードレスは6年間使用して1度もバッテリー交換してません。使用時間は短くなってきていた感じですが、掃除ごとに充電とかでは無かったです。

なので、バッテリー寿命と交換については、今のところあまり心配していません。

ちなみに日立に依頼するバッテリー交換費用

  • 技術料:4,800円
  • 部品代(電池):7,900円
  • 合計:12,700円(税別)

となるようです。

バッテリー交換するくらいなら、その時の最新機種に買い替えた方が良さそうです。また、人気機種なので互換バッテリーが出てきて自分で交換しましたという話がそのうち出てきそうです。

スポンサーリンク

日常メンテナンス

使い始めて3ヶ月ほど経ってのメンテナンスの実際です。

タンクのゴミ捨ては掃除ごとに行います。1日で数回することもあります。これはワンタッチでポイするだけなので簡単です。

問題はフィルターなどの掃除・洗浄ですが、今のところ1ヶ月に1度くらいのペースで実施しています。簡単に分解して洗えるので1回5分程度で終わります。あとは乾燥させて組み直すだけです。このペースでも明らかにわかるほどの吸引力低下はありません。見た目で汚れてるなと分かってくるので洗浄する感じです。

シャープ(RACTIVE Air EC-AR3SX)なども分解洗浄については同様と思います。

この作業が面倒と思うのであればダイソン(Dyson V8 Slim Fluffy SV10KSLM)がお勧めです。遠心分離の機構がしっかりしているので、日立・シャープほどフィルターなどの洗浄が必要ありません。

圧倒的に使い勝手とコスパがいいので、実家にも普及活動をしようかと思ってます。

 

 

もちろん2kgが苦にならない体格とか、1台で全部の掃除をまかないたいなど、条件によっては別の機種が良いこともあるので、自分の使い方を想定して総合的に最適な1台を選んでください。

日立(PV-BFL1)とシャープ(RACTIVE Air EC-AR3SX)で迷ったら
消費税増税前だからというわけでは無いですが、スティック型のコードレス掃除機を買い替えることにしました。 今まで使っていたスティッククリーナーは、マキタ 充電式クリーナー CL102DWです。 どのように考えて選んだかをまとめます...

コメント