健康保険の任意継続を1年で辞めて保険料はどうなった?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

国民健康保険加入までの経緯

「退職後の健康保険をどうするか?」は、3つの選択肢があります。

  1. 配偶者や親族の健康保険の被扶養者になる
  2. 退職時に加入している健康保険の任意継続被保険者になる
  3. 居住する市区町村の国民健康保険に加入する

やめる時期や収入にもよるかもしれませんが、私は「任意継続被保険者」を選択しました。

退職後の健康保険料の支払いをどうするかが難しい
退職して収入は無いのに容赦なくやって来るのが保険・年金・税金のお支払いです。 退職した時に健康保険をどうしようかということで選択肢は3つあります。 配偶者や親族の健康保険の被扶養者になる 退職時に加入している健康保険の...

当初、任意継続をした場合、2年間は辞められないと思っていましたが、これが完全な思い違いで、意外と簡単に辞められることがわかりました。

一言で書くと、「保険料を納付期限までに納付しなければいい」です。

健康保険の任意継続を1年で辞める
退職後の健康保険ですが、元勤務先の健康保険に任意継続で加入しています。 先日、任意継続保険料の納付方法をどうするのかの問い合わせ封書が来ていました。それを見ていて「へっ???」ってところがあり、改めて調べてみたところ、大いなる勘違いを...

私の退職後1年の収入はかなり少なかったので、任意継続で在職中の収入を元にした保険料を払うよりも、国民健康保険に入った方が保険料は下がると思われます。

元勤務先から資格喪失の資料が届いたので、市役所に行って国保への加入手続きをしました。

任意継続の健康保険を1年で辞め、国保に加入手続き
早期退職後の健康保険ですが、元勤務先の健康保険に任意継続で加入していました。2年間継続でもざっくりと任意継続の方が保険料が安くなるかなと思ったためです。 しかし、退職後1年の年収が実質マイナスなので、2年目も保険料が変わらない任意継続...
スポンサーリンク

国民健康保険料でいくら下がった?

6月に入って、市役所から国民健康保険料のお知らせが届きました。

今年度の国民健康保険料算出の元になる収入は、2018年の1月~12月の収入になります。

3月まではガッツリと働いていたのである程度の給与所得があります。そこに配当所得や雑所得が加わるので、収入ゼロということではなかったです。ざっくりと3分の1くらい?

ただ明細書と確定申告書を突き合わせて見ても「総所得金額」がどこからくる数字かいまいちわかりませんでした。

算出基準は所得なので控除前の金額です。

所得を元にした所得割と、加入者ごとの均等割と、世帯ごとの平等割の合計が国民健康保険料となります。

結果いくらになったかというと、約37万円/年となりました。

ちなみに、任意継続をしていた場合、約52万円/年を支払う必要があったため、国民健康保険に替えたことで15万円の支出削減となりました。

やはり所得が大きく減っている分、保険料も安くなりました。

 

国民健康保険料率の算出基準については役所に行けばもらえると思うので、切り替えるかどうか収入額が微妙な方は予め試算をした方がいいです。

それにしてもやっぱり、ややこしくて難しいですね。

とはいえ、どうするのかがお得なのかは一人一人違うこともあり、誰も教えてくれないので、結局のところ自分で調べて対応するしかないです。

コメント