ソフトバンクのIPOは逃げて正解だったけど・・・。

スポンサーリンク

退職してからの収入として当てにしているのは、株式投資からの配当金や、その他の投資からの収益です。ただ、それだけでは年間200万円ほどにしかなりません。

一人であれば贅沢しなければ何とかなるかもしれませんが、我が家は4人家族なので全く足りません。

本当は配当だけで生活できるようになるまで待ってから退職するべきだったかもしれませんが、色々あって辞めてしまいました。

不足分の収入は株式投資の値上がり益による利益を当てにしています。そんなもの水もので、年によってはマイナスになるし、実際問題、今年は大幅なマイナスですが、過去15年ほどの投資成績を振り返って、何とかなるだろと思ってます。

 

そんなわけで、本日上場のソフトバンクIPOも申し込んでいました。SBI証券で当選もしました。しかしながら、通信障害に始まり、ファーウェイ問題、PayPayトラブル、相場環境は最悪と懸念点だらけのため、当選辞退としました。

結果、今日のソフトバンクは初値から公募割れ、終値に至っては公募価格から15%程度も下げた1282円となり、逃げておいて正解でした。

幹事証券会社も必死に買い支えたと思いますが、ダラダラ下げての安値引けとなっており、明日以降もどうなるかわからない状況です。

 

ただソフトバンクだけのせいではないけど、相場全体も総悲観状態なので、他の保有銘柄はしっかりと下げてます。投資をしていればこんな年もあるとわかっていながらも、気持ちは凹みます。

コメント