映画のエキストラをしてきました

スポンサーリンク

映画のエキストラ体験をしてきました。

内容の詳細は書けませんが、感想を少し。

思った以上にエキストラに対してスタッフの人が親切です。まぁ無償のボランティアエキストラなので、人が集まらなくなったら映画やドラマの撮影困難になるというのもあるのでしょうが。

エキストラ募集はコマメに探していたら出て来るし、地方ロケをサポートしているところに登録をしておくと、募集があった時にメールが送られてきます。

こんな人が欲しいという条件が書いてあり、当てはまれば応募できます。撮影は平日の昼間が多いので、中年男性なんて当選確率高いだろうと思うのですが、意外と当たらないです。

ただ今回のような100人規模になると集めるの大変そうでした。

 

今回、2日体験して、1日目は100人規模のエキストラでした。こっちは最初の待ち時間が長かったです。流石に100人もとなると準備が大変なので集合時間も早いし。これだけの大人数だと集めるのも大変なようで、結構遠くから来ている人が多かったです。ホントに好きで参加している人たちですね。平均年齢はやはり少々高めです。

役柄は観客役で、ある程度意図して人を配置することもありますが、それは若い女性とかだけで、中年のおっさんは適当に配置なので、映る場所に行けるかはほぼ運でした。有名な俳優さんも来てましたが、遠くから見るだけでした。

 

もう1日は数人だけしかエキストラがいない日でした。こちらは集合時間もゆっくり目で、準備してから撮影までの待ち時間も少なかったです。ただ当選倍率はかなりのものだったみたいです。

主演とヒロインの二人と一緒の撮影だったので、間近で見ることができました。それにしても二人とも頭小っちゃい。

二人だけの撮影時はエキストラは待ってるだけですが、数人程度のエキストラだと相手してくれる人もいるし、撮影の様子も観察できるし、一緒に撮影してるっていう感じがして良かったです。

外での撮影だったので、観光客から見たら「なんて俳優さん」って感じで見えたかもしれませんが、残念ながらそこら辺の一般人です。

コメント