任意継続の健康保険を1年で辞め、国保に加入手続き

スポンサーリンク

早期退職後の健康保険ですが、元勤務先の健康保険に任意継続で加入していました。2年間継続でもざっくりと任意継続の方が保険料が安くなるかなと思ったためです。

しかし、退職後1年の年収が実質マイナスなので、2年目も保険料が変わらない任意継続よりも、年収で保険料が決まる国民健康保険の方が、2年目だけで比べると確実に保険料は安くなります。

でも、任意継続は2年間辞められないと思っていました。

実はこれが大きな勘違いで、任意継続は簡単に1年で辞めることができます。保険料を支払わなければいいのです。詳細は前回記事を見てください。

健康保険の任意継続を1年で辞める
退職後の健康保険ですが、元勤務先の健康保険に任意継続で加入しています。 先日、任意継続保険料の納付方法をどうするのかの問い合わせ封書が来ていました。それを見ていて「へっ???」ってところがあり、改めて調べてみたところ、大いなる勘違いを...

その後の経過報告です。

スポンサーリンク

元勤務先からの連絡

任意継続の保険更新日から数日後、元勤務先から資料が送られてきました。入っていたのは3点

  • 被保険者資格喪失通知書
  • 被保険者資格喪失証明書
  • 保険証返却用封筒

上の2通、証明書発行の理由、喪失理由にしっかりと「未納」と書かれています。

注意しないといけないのは、保険期限が切れてから国保に加入して保険証をもらうまでの間、資格喪失した保険証を使ってはいけません

もし使ってしまうと、元勤務先の保険組合から後日請求されます。

この期間中に病院に掛かる場合は、保険証は後日再提出となります。

資格喪失した保険証は、返却用封筒に入れて返送します。

スポンサーリンク

市役所に行って国保への加入手続き

資格喪失証明書が届いたら、市町村役場に行って国保への加入手続きを行います。

期限は、事由発生日から14日以内です。

この期間に手続きをすれば、資格喪失日に遡って加入したことになります。

早速市役所に行って手続きをしましたが、「未納」での資格喪失であろうと特に何も言われることなく、退職ですねと言われて無事に手続き終了。

国保の説明資料を渡され、保険料については6月に案内が届きますとのこと。

家族全員分の国民健康保険の保険証を受け取って帰りました。

 

実際にどの程度保険料が安くなったかは、保険料通知が来てから改めて紹介します。

コメント