最近、角川まんが学習シリーズ「日本の歴史」にハマり中

スポンサーリンク

最近、角川まんが学習シリーズ「日本の歴史」を読んでます。

これがなかなか面白い。

元々、子供の勉強用に1巻から順番に買っていたのですが、実際にわかりやすいと子供が言うので全巻を揃えることにしました。

私は不足する巻だけを買いましたが、面倒な方には全巻セットがあります。別冊が付かない15巻セットだともう少し安いです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 全15巻+別巻4冊セット [ 山本 博文 ]
価格:16416円(税込、送料無料) (2019/3/5時点)

楽天で購入

 

 

私は角川のを買いましたが、同じような日本の歴史マンガは集英社からも出ています。学研とかもあるかな?

なぜ角川にしたのかは忘れましたが、表紙の絵を書いている人が豪華だったからかもしれません。

表紙カバーの絵は1巻ごとに執筆者が違っていて、「吉崎観音、浅田弘幸、いとうのいぢ、藤田香、小畑健、藤真拓哉、いのまたむつみ、江端里沙、川元利浩、しゅー、杉基イクラ、片岡人生、近藤一馬、氷堂涼二、琴音らんまる、近藤勝也」となっています。

 

子供の勉強用に買ったのですが、子供に渡す前に自分が読んでいます。

私は、高校時代は地理を選択して日本史は勉強していないので、ほぼ中学生以来です。完全に忘れていたり、当時は点と点で全体が繋がっていなかったところが、改めてマンガを読んでいると繋がりがわかってきて面白いです。

特に戦国時代から江戸時代、明治大正昭和の近代は改めて勉強になりました。

コメント