健康保険の任意継続を1年で辞める

スポンサーリンク

退職後の健康保険ですが、元勤務先の健康保険に任意継続で加入しています。

先日、任意継続保険料の納付方法をどうするのかの問い合わせ封書が来ていました。それを見ていて「へっ???」ってところがあり、改めて調べてみたところ、大いなる勘違いをしていることがわかりました。

 

退職後の健康保険ですが、3つの選択肢があります。

  1. 配偶者や親族の健康保険の被扶養者になる
  2. 退職時に加入している健康保険の任意継続被保険者になる
  3. 居住する市区町村の国民健康保険に加入する

詳しくは前回記事へ

退職後の健康保険料の支払いをどうするかが難しい
退職して収入は無いのに容赦なくやって来るのが保険・年金・税金のお支払いです。 退職した時に健康保険をどうしようかということで選択肢は3つあります。 配偶者や親族の健康保険の被扶養者になる 退職時に加入している健康保険の...

 

私は「2.任意継続」を選択しました。会社負担分が無くなるため、それまでの2倍負担になりますが、「3.国民健康保険」の場合、前年収入を基準に金額が決まるので、任意継続以上に金額が高くなるためです。

問題は2年目で、任意継続した場合、2年間は辞められないと思っていました。

でも、今回来た納付方法回答書に、「任意継続を辞める」という選択肢があるのです。

任意保険を続けた場合は、前年とほぼ同額の健康保険を支払う必要がありますが、辞めた場合、前年収入が大きく減っているので、確実に任意継続よりも保険料は安くなります

健康保険の任意継続を1年で辞められるのか?

2年間辞められないと思っていた理由は、次のように書かれていたからです。

「任意継続の加入期間は被保険者の資格を取得した日から2年間ですが、次のいずれかの事由に該当するときは、途中で被保険者の資格を喪失します。次のいずれかの事由に該当する以外、任意の申出により途中でやめることはできません。

これだけを見ると、辞めたいと言って辞められないと受け取れます。説明によると、資格を喪失する事由はこの4つとなっています。

  1. 加入者(ご本人)が就職して健康保険等の被保険者の資格を取得したとき
  2. 保険料を納付期限までに納付しなかったとき
  3. 加入者(ご本人)が後期高齢者医療制度の被保険者の資格を取得したとき
  4. 加入者(ご本人)が亡くなったとき

この中で着目するのは「2.保険料を納付期限までに納付しなかったとき」です。言い換えると、保険料を支払わなければ自動的に資格喪失になるのです。

これは故意だろうと故意でなかろうと関係ありません。支払いが無ければ督促などされることなく、即資格喪失手続きになります。

 

故意に保険料を支払わずに資格喪失すること自体に問題が無いため、予め「任意継続を辞める」という選択肢を入れて問い合わせをしていると思われます。

国民健康保険の金額は前年収入によって変わるし、自治体によっても違うので、概算金額を確認したうえで判断してねと書かれていますが、私の場合、確定申告した収入から考えて、確実に国民健康保険の方が安くなると思われるので、「任意継続を辞める」で回答しました。

これによる負担減はかなり大きいです。

こういうのも知らないと損をするのですが、税金とか保険って複雑で難しいですね。

今回は危ないところでした。退職前にも調べたのですが、2年間は辞められないと思ってました。

任意継続の健康保険を1年で辞め、国保に加入手続き
早期退職後の健康保険ですが、元勤務先の健康保険に任意継続で加入していました。2年間継続でもざっくりと任意継続の方が保険料が安くなるかなと思ったためです。 しかし、退職後1年の年収が実質マイナスなので、2年目も保険料が変わらない任意継続...

コメント