年賀状の当選番号を確認・・・4月にも抽選があるので片付かない

スポンサーリンク

2019(平成31)年、年賀葉書及び寄附金付お年玉付年賀切手当せん番号が決定しました。

番号の詳細は郵便局公式ページで確認してください。

2019(平成31)年用年賀葉書及び寄附金付お年玉付年賀切手当せん番号の決定 | 日本郵便株式会社
日本郵便株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 横山 邦男)は、本日午後1時からJPタワー(東京都千代田区)で、2019(平成31)年用年賀葉書及び寄附金付お年玉付年賀切手の抽せん会を行い、当せん番号を決定しました。

我が家でも2枚、切手シートが当たってました。枚数からしたら確率的にそんなもんです。

当たっていたのが、旧住所に届いたのを住所変更(5年目)して転送されてきた年賀状1枚と、未使用で残っていた年賀状1枚です。

運があるんだか無いんだか、微妙な2枚ですね。

自分にきた年賀状は「下2桁48」が何故か3枚もありました。枚数からしたら異常な高確率です。当選番号は「42」なんですけどね。

3等は昔からずっと切手シートですが、封書は使うとしても、はがきはほとんど出すことが無くて、62円切手って余りませんか?

引き換え期間

  • 2019年1月21日(月)~7月22日(月)

ダブルチャンス賞

今年はダブルチャンス賞でもう一度抽選があります。

「郵政記念日である2019年4月20日(土)に2回目の抽せんを実施します。賞品は特別な切手シート(当せん本数:1万本)でシリアルナンバー入りの特別仕様です。本日の抽せん結果にかかわらず、年賀葉書及び寄附金付お年玉付年賀切手を大切に保管してお待ちください。」

年賀状、片づけられへんやないけぇ~って思ってしまいました。

【2019/4/20追記】

2回目の抽選結果が出ました。当選番号などはこちら。

2019年の年賀状2回目の抽選結果が出ました
2019(平成31)年、お年玉付き年賀はがきの2回目の抽選結果が出ました。ダブルチャンス賞というものです。 何のことって人のために一言で説明すると、今年は1月と4月の2回抽選があるのです。郵便局に1回目の交換に行った人は、説明されたと...

コメント