企業型確定拠出年金から個人型へ移行1・・・手続き

スポンサーリンク

2018年3月まで勤めていた会社は、数年前に​​​企業型確定拠出年金​​​に移行していました。​

私は企業の掛け金に加えて、掛金を上乗せする「マッチング拠出」も利用していました。ちなみに「マッチング拠出」制度は利用可のであれば絶対に利用するべき制度です。手厚く優遇してもらえます。

​退職した場合、同様の制度がある会社に転職すれば移行可能ですが、自営業とか無職になる場合は、​​個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」に移管手続き​​をする必要があります。​

iDeCoへの移管で知っておいて欲しいこと

  • ​​委託金融機関は変更して良い​​

移管時に委託金融機関の再検討をお勧めします。



iDeCoの移管先を検討

会社で入っている時は、会社指定の金融機関で運用していました。

退職するにあたり、その機関のHPで「退職した時の手続きをどうしたらいいの?」って調べると、「個人型確定拠出年金の「加入者」になるお手続きが必要です」と言って、そのまま自社の個人型への資料請求に誘導されますが、誘導に従う必要はありません。

委託先の再検討が必要な理由

  • ​iDeCoは金融機関によって、口座管理手数料や運用できる金融商品が異なる​
  • 自分が運用したい商品があるのかどうか?
  • その商品の手数料は適切か?

などが比較検討材料となります。

検討した上で、前と同じ会社でいいやとなれば、資料請求をすればいいですし、他の会社がいいとなれば、その会社で新しくiDeCo口座を開設して移管することになります。

 

どちらにしてもiDeCo口座の開設が必要になるので、元の運用先にこだわる必要もなく、ゼロから選びなおせばいいです。

手続きは、移管先で必要となるので、元の運用もとでは必要ありません。ただし、移管手続きの際に、元の口座情報が必要となります。

私の場合、企業型の運用機関が保険会社であり、外国株式とか外国債券のラインナップが手薄で不満があったので、株式投資で以前から利用しているSBI証券にiDeCo口座を開設することにしました。

スポンサーリンク

手続きの期限

企業型確定拠出年金加入者の資格は、退職日の翌日に喪失します。

移換手続きの期限は、資格を喪失した月の翌月から起算して6ヶ月以内です。

(例) 退職日:2018年3月末日の場合

  • 資格喪失日:2018年4月1日
  • 手続き期限:2018年10月末日

期限を過ぎても没収されるわけでは無いですが、

  • 現金管理で運用されない
  • 管理手数料を差し引かれる

などのデメリットがあり、面倒なことになるので期限内に移管手続きをするのが必須です。

​​・・・その2へ続く​​

そもそもiDeCoって何?って方は一度きちんと勉強した方がいいです。私もわからないことだらけです。
お金に関する知識は、自分から情報収集しないと誰も教えてくれません。勉強しない場合、どんなに真面目に頑張って働いても確実に損をします。労働収入と資産運用では、全く別の知識と経験が必要です。数千万の年収があるとかなら別ですが、そうでなければ自分の資産を守り、増やすために勉強が必要と思います。

この2冊がはじめの一歩としてお勧めです。

コメント